はまっこ司法書士・行政書士の法務日誌

横浜駅そばで相続・遺言・家族信託を専門に取り扱う筆者の備忘録です。

「新聞の押し売り」コロナ禍でも減らず、認知症の高齢者らがターゲットに 報道NGOが警鐘



一人暮らしの高齢者をどう守っていくか?は大きな課題です。認知症になってしまった人は特に。

成年後見制度は批判もされますが、こういった場合に重要な位置づけになるでしょう。

認知症の高齢者融資で代理取引 東京スター銀、特約で



先輩に聞いて知り、焦って読みました。

電子版だと読み落としてしまいます😅

振り込みなどの口座管理を超えて、借り入れまでできるのは画期的だけど大丈夫なのか?と疑問もあり。

「原則として、契約者の配偶者と20歳以上の子供全員の同意を得られた場合、追加の借り入れや物件の売却といった代行手続きを認める。」

銀行が認めたからと言って登記ができるわけではないんですが…。

 

NEC、ホテル客室をサテライトオフィスとして仲介する新サービス、専用アプリで顔認証チェックインも



需要がある限り、あの手この手で応えることは大切ですね。

株取得の経緯、証拠保全を



株主名簿の整備だけでなく事業承継で司法書士行政書士)が貢献できる部分が大きいと思っています。

実は家族信託(民事信託)をやり始めたのは取り組みたかった事業承継に最も有効な手段だと思ったからです。

事業承継のサポートやりたいです😀